『ライヴで聴きたいスピッツの曲』個人的振り返り①

スピッツのオフィシャルモバイルサイト、SPITZ mobileで3月末に始まったランキング企画『ライヴで聴きたいスピッツの曲』。

これは…常日頃から溜め込んでいる多くの曲への愛を叫ぶ絶好のチャンスでは。
いや、あくまでも『ライヴで聴きたい曲』だから、好きな曲とは限らないのか。
いやしかし好きな曲はだいたいライヴで聴きたいものだし…
という自問自答(?)を繰り返し、何曲か投票してまいりました。

醒めないツアーの頃の記憶力はどこへやら、自分がどの曲に投票したのか最早ほとんど覚えてないけれど、5月2日に発表された結果も踏まえて、自分が投票した曲たちを中心にランキングを振り返ってみようではないか!という自己満足の企画でございます。
それでは、いってみよー!


◆ガラクタ (62位)

ツイッターを見れば一目瞭然だけど、わたしはスピッツの曲でこいつがいちばん、ど〜〜〜〜にもこ〜〜にも好き。なんで?なんでだろう。わたしもわからない。
ガラクタが世に出た日=みなとの店着日だった2016年4月26日までは、わたしのいちばん好きな曲はアカネだった。他には花の写真とかタンポポとか、胸を締めつけてくるタイプの子たちが好きだった。もちろん今も好きだけど!
みなとを買って、CDプレイヤーの再生ボタンを押して、みなとが終わって、そのあとのガラクタの頭の "キュィィィィ" の時点で、なんか来たぞ、なんか、うわ、なんだこれ!うわあああ!と思った。あんな感覚ははじめてだった。
まあ要は大好きなんですよね〜!

結果は62位。
う〜〜〜ん!まあ健闘した方なのではないかね?どうなんでしょう。
よくよく考えてみれば、200以上もあるスピッツの曲の中で、2桁順位につけること自体すごいことなんだろうな。あっぱれ、ガラクタ!
今回のテーマは『ライヴで聴きたい』かどうか。レコ発ツアーで演奏されなかったガラクタは、わたしのもともとの異常なまでの愛を抜きにしても、やっぱり聴きたい。
﨑ちゃんがドラム叩きながらサンバホイッスル吹いてるところ、見たいよね?クージーがリコーダー吹いてるところ、見たいよね?ヘタしたら草野さんがフレクサトーンとか…ね?見たいよね?聴きたいよね〜!


◆さらばユニヴァース (29位)

聴くたびにドキドキしてしまう曲ですよね、わかります。
あのイントロの高揚感。ギターの音…はじめて聴いたときの『これがスピッツの本気か』感はダントツ。
こんなにカッコいいのに、最後に演奏されたのは "純情2001" 。要はレコ発以降一度も演奏されていないんですね。もったいない!もったいないよスピッツさん!
というわけで、ガラクタが出る前から推していたこの曲にも一票を投じてきました。

結果、29位。
結果発表を見たときにいちばん驚いたのはここかもしれない。
え、た、高くないか?!めちゃくちゃ嬉しいんだけど、想像以上に上位でびっくらこいた。
確かに、前回のゴースカのMCをはじめ、いろんな場所で田村さんが『ほんとはさらばユニヴァースとかやりたかった』と言っていたから、その影響もあるのかな、とか思ったり。
いや〜確かにこの曲は田村さん楽しくなっちゃうだろうな!割とゆったりした曲なのに、これ以上ないくらいロックなラブソングに仕上がってるからな…さらばユニヴァースを満面の笑みで演奏する田村さん、楽しみにしてます!(?)


◆ローランダー、空へ (175位)
ここまで自分が書いてきたことを読み返してみると、どうもわたしは好きな曲を好きになった理由がイントロであることが多いようです。この曲のツボも、もちろんイントロ。
わたしの中でハードロックといったら、テンポが速い、叫ぶような歌、とにかく目立つギター…というような印象があったけれど、そんなものはこの曲でブチ壊されました。
イントロからバッキバキのハードロックなのに、びっくりするくらいゆったりしている。こんな、空気中をただよう綿毛みたいなゆったりさでハードロックが成立するとは…!
しかも、歌声はこれ以上ないくらい透き通っている。青。目の前に青の世界が浮かんでくるような。こんな魔法、ヴォーカリスト草野マサムネにしか使えないでしょう…。

結果は175位。
まあ、そうだろうな、という感じ。
わたし自身この曲を好きになったのはスピッツに出会ってだいぶ経ってからだったし、少なからず忘れられている部分もあるんだろう。
ん〜!でもわたしはテツヤさんのあのギターソロがどうしてもどうしてもど〜〜〜しても聴きたいから、これからもめげずに推し続けるぞ!


◆野生のチューリップ (184位)

夏が来るとわたしのウォークマンで再生回数が跳ね上がる曲。
なんとなくこもった音がするところも、絶妙な夜っぽさを生み出すシンセの音も、急に風が止まったように静かになるところも、ぜ〜〜〜〜〜んぶ好き。
真夏の夜に窓辺で炭酸水を飲みながら聴きたい。これ、オススメですよ。

結果は184位。
順位には言及しないけど、同じことを考えている人、結構いると思うの!
あんなにキラキラの星空を連想させるようなイントロで始まっておいて、開口一番『夜空にいつもの星が見えない』ですよ、というかそもそも曲名が『野生のチューリップ』ですよ。スピッツのロック精神がこれでもかというくらい溢れ出ている名曲だと思うんですよね。
皆さん、野外で、"THIRTY30FIFTY50" のテアトロン公演で、この曲、聴きたくありませんか?
わたしはツアーが決まった頃からず〜〜〜〜っとこの曲が野外で演奏される様子を妄想し続けて、青いカプセル噛み砕いてます。テアトロン、行きたいな…。


と、ここまで書いて前半戦は終了。
長くなりましたな…愛が重い。
ここまで書いた曲はいわば大本命。ここからは、たくさんある『一度は "聴きたい" と思った曲』について振り返ります。

では!